かすみ草の花言葉は?意味や由来・誕生花の日付がいつなのか・見頃の季節まとめ

スポンサーリンク
かすみ草の花言葉は?意味や由来・誕生花の日付がいつなのか・見頃の季節まとめ
スポンサーリンク

かすみ草の花言葉

かすみ草といえば、小さな白い花をたくさんつけて咲く植物です。
お花屋さんでよく見かける印象がありますね。

そんなかすみ草の花言葉は以下の通り。

  • 「清楚」
  • 「無邪気」
  • 「清らかな心」
  • 「親切」
  • 「幸福」
  • 「感謝」
  • 「夢見心地」

英語だと、以下のような花言葉になりますよ。

  • 「everlasting love(永遠の愛)」
  • 「innocence(純潔)」
  • 「purity of heart(清らかな心)」

可憐なイメージにぴったりの花言葉が多いですね。

怖い印象や悪い印象を与える花言葉はないので、安心して贈れますよ。

かすみ草はほかの花とも組み合わせやすく、花束やアレンジメントなどのフラワーギフトにもよく使われています。

華やかなバラにそっと添えるような形で、アレンジされていることも多いですね。

結婚式のウェディングブーケや装花、出産祝いの贈り物などにもよく使われています。

色別の花言葉

かすみ草というと白のイメージがありますが、ほかにもいろいろな色があります。
花の色によっては、花言葉が違うのでおもしろいですね。

かすみ草の色別に花言葉をまとめてみました。

  • 白色:清い心
  • ピンク色:感激・切なる願い

実は、フラワーアレンジメントでよく見かけるカラフルなかすみ草は天然物ではありません。

染めかすみ草といって、白いかすみ草を染めて生み出されたものです。

青いかすみ草や水色のかすみ草なども、白いかすみ草を着色してできたもの。

なので、赤・紫・青・オレンジ・黄・水色のかすみ草に独自の花言葉はありません。

純粋で可憐なイメージを求めるなら、白のかすみ草。

愛らしさを求めるなら、ピンクのかすみ草。

そんな風に、色の印象で贈るかすみ草を選んでみるのもいいですね。

スポンサーリンク

花言葉の由来

かすみ草は、英語で「Baby’s breath」といいます。
訳すと、「愛しい人の吐息」「赤ちゃんの吐息」という意味。

「無邪気」や「幸福」という花言葉は、そんな花の名前に由来しているといえますね。

また、かすみ草は控えめな白い花をつける植物。

清楚で奥ゆかしい姿にちなんで、「清らかな心」という花言葉がつけられたとされています。

誕生花にあたる日

かすみ草が誕生花にあたる日は以下の通り。

5月から7月にかけて咲く花なので、春頃の誕生花として扱われることが多いです。

かすみ草の特徴

かすみ草は、ナデシコ科の多年草です。
小さな白い花をたくさんつける姿が特徴的ですね。

品種によっては、白ではなく薄いピンク色の花をつけるかすみ草もあります。
ローズかすみ草という品種だと、淡い桃色の花を咲かせますよ。

和名では、「霞草(かすみそう)」または「群撫子(むれなでしこ)」と呼ばれます。

無数の白い花をつけた様子が、まるで霞がかかっているように見えることから「霞草」と名付けられました。

かすみ草の基本情報

かすみ草の種類や開花時期など、基本情報についてまとめてみました。

科・属ナデシコ科・カスミソウ属
和名霞草・群撫子
英名Baby’s breath
学名Gypsophila elegans
原産地アジア・ヨーロッパ
開花期5月〜7月頃
見頃の季節6月〜7月

かすみ草の開花時期は5月〜7月頃なので、見頃は初夏シーズンです。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

柚木ゆうら

タイトルとURLをコピーしました