文化の日の意味や由来は?11月3日になった理由・憲法や明治天皇との関係も紹介

スポンサーリンク
スポンサーリンク

文化の日とは?

毎年11月3日は「文化の日」です。

文化の日は「国民の祝日」のひとつで「国民の祝日に関する法律(通称:祝日法)」によって制定されています。

1948年(昭和23年)に制定されました。

文化の日の趣旨は「自由と平和を愛し、文化をすすめる」ことです。

毎年11月3日が文化の日の理由

なぜ、毎年11月3日が文化の日なのか気になりますよね。

そこで、文化の日が11月3日に決まった理由を紹介していきます。

11月3日が文化の日になった理由は、2つあります。
日本国憲法の公布日であることと、明治天皇の誕生日であることです。

1946年(昭和21年)の11月3日、日本国憲法(現在の憲法)が公布されました。

日本国憲法では平和と文化が強調されていることから、1948年に11月3日を「文化の日」として祝日化することが決まったのです。

なお日本国憲法がは1947年(昭和22年)5月3日に施行されましたが、5月3日も憲法記念日として祝日になっています。

さらに11月3日は、明治天皇の誕生日でした。

11月3日は明治時代に天長節(現在の天皇誕生日)、昭和時代の1927年(昭和2年)〜1947年(昭和22年)までは明治節という祝日だったのです。

明治時代は、日本が近代国家への歩みをはじめた時期ですよね。

そのため11月3日が明治天皇の誕生日だったことも、文化の日を制定した理由のひとつになりました。

文化の日が制定されるまで、11月3日は祝日としてなじみがあったのも理由です。

ちなみに、今上陛下以外で天皇の誕生日が祝日になっているのは、明治天皇と昭和天皇(昭和の日)だけです。

なお文化の日を、昭和の日にならって「明治の日」とする議論もあります。

文化の日は天気のいい年が多いため行事が多い

実は文化の日である11月3日は、気象上の「晴れの特異日」としても知られています。

11月3日は、晴天に恵まれる確率が高いのです。

天候がいいことに加え「文化の日」であることから、11月3日には芸術祭・文化祭をはじめ、多くの行事がおこなわれます。

文化の日に関連する行事など

文化の日には、多くの行事がおこなわれます。

皇居でおこなわれる「文化勲章授与式」は有名ですよね。

そのほか、全国各地の博物館・美術館・資料館などの文化施設が無料開放されたり、イベントを開催したります。

また各地域が学校で文化祭・芸術祭なども開かれることも多いです。

文化庁が主催する「国民文化祭」もあります。

オマケ:文化の日に関連する記事

スポンサーリンク

この記事を書いた人

アサノ・ヨウスケ

タイトルとURLをコピーしました