オコパー・タコパーの日の由来や意味とは?毎月第3土曜日が記念日になった理由、人気の具TOP3も紹介

スポンサーリンク
オコパー・タコパーの日の由来や意味とは?毎月第3土曜日が記念日になった理由、人気の具TOP3も紹介
スポンサーリンク

オコパー・タコパーの日とは?

毎月第3土曜日は、オコパー・タコパーの日です。

この日は、日清フーズ株式会社が「お好み焼」や「たこ焼」のさらなる普及のために制定した記念日になります。

「オコパー・タコパー」とは、「お好み焼パーティ・たこ焼パーティ」の略称なんだそうですよ。

お好み焼やたこ焼きは、パーティはもちろん家族の団らんにぴったりのメニュー。
オコパー・タコパーの日には、家族や気の合う仲間とお好み焼、たこ焼きを楽しみたいですね。

毎月第3土曜日が記念日になった理由

オコパー・タコパーの日の日付は、なぜ毎月第3土曜日になったのでしょうか。

記念日を制定した、日清フーズ株式会社ではお好み焼、たこ焼を給料日前の厳しい家計を、楽しく乗り切るためのメニューとして提案しています。

そこで一般的な給料日の前日にあたる第3土曜日が、オコパー・タコパーの日に日付になりました。

たしかにお好み焼、たこ焼は、冷蔵庫の残り物で調理できる節約レシピにもなりますし、工夫次第でアレンジもできて楽しめます。

オコパー・タコパーの日の日付は、節約レシピとしてのお好み焼、たこ焼が1カ月の中で最もマッチする日から決められたのですね。

参考:日清製粉 毎月第3土曜日を「オコパー・タコパーの日」に制定

お好み焼・たこ焼を食べるシーン

さてここで突然ですが質問です。
「お好み焼、たこ焼は、家ではどんな時に食べますか?」

記念日を制定した日清フーズ株式会社が行った調査によると、家でお好み焼、たこ焼を食べるシーンとして最も多かったのは、休日の夜とわかりました。

この結果から、お好み焼、たこ焼は「休日の団らんに役立つメニュー」といえそうですね。

ちなみに私は、土曜日と日曜日は終日ホットプレートを出して料理をしています。
お好み焼、たこ焼は、冷蔵庫の残り物を使った休日メニューにぴったりなんですよね~。

参考:家庭のお好み焼・たこ焼に関する意識と実態調査

よく入れる具といえば

ここでもう1つ、日清フーズ株式会社が2019年に行った「オコパー」「タコパー」に関する調査を見てみましょう。

この調査では、20~50代の女性500名を対象に「オコパー」「タコパー」に関するさまざまな質問をしています。

その中から、お好み焼、たこ焼を作るとき、基本的に入れる材料以外の具で入れることが多い具の結果を見てみましょう。

まずは、お好み焼。
人気の具TOP3はこちらです。

  1. 豚肉(96%)
  2. チーズ(57%)
  3. 海鮮(52%)

つづいて、たこ焼。
人気の具TOP3はこちらです。

  1. チーズ(78%)
  2. ウィンナー・ベーコン(59%)
  3. 海鮮(48%)

海鮮が想像より人気だと思いましたが、納得のラインナップではないでしょうか。
お好み焼、たこ焼によく入れる具はランキングしていましたか?

人気の具は、地域差もあるようです。
オコパー・タコパーの時には、具の地域差を楽しみながら、いろいろ入れてみるとよさそうですね。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

脇田知子

タイトルとURLをコピーしました