防災用品点検の日はいつ?年に4回ある理由やいざというときの防災用品リストまとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

防災用品点検の日とは? 日にちや特徴について

3月1日6月1日9月1日・12月1日は、「防災用品点検の日」です。

これは、防災システム研究所の防災・危機管理アドバイザーである山村武彦氏が定めた記念日ですよ。

防災用品の中には、電池や非常用の飲料水、非常食、消火器、避難ロープなど賞味期限や使用期限が決まっているものもありますよね。

防災用品点検の日は、そんな防災用品の点検キャンペーンをPRするために制定されました。

防災用品点検の日が3月1日・6月1日・9月1日・12月1日である理由

そもそも、なぜ防災用品点検の日が3月1日・6月1日・9月1日・12月1日になるのか、理由が気になるところです。

これは、1923年(大正12年)9月1日に起こった関東大震災が由来しているのだそう。

この関東大震災が発生した9月1日を起点に、季節の変わり目となる年4回が防災用品点検の日と制定されました。

非常食など賞味期限がある防災用品などもあるので、定期的にチェックしておきましょうという喚起の意味が込められています。

あると便利な防災用品リスト

参考までに、あると便利な防災用品を一覧にまとめてみました。

  • 懐中電灯
  • ホイッスル
  • 電池
  • 携帯ラジオ
  • 軍手
  • 万能ナイフ
  • ライター
  • ろうそく
  • ランタン
  • ガムテープ
  • 油性ペン
  • ウエットティッシュ
  • 使い捨てカイロ
  • マスク
  • 非常食、保存食
  • 飲料水
  • 飴やチョコレートなどの携帯食
  • カセットコンロ、ガスボンベ
  • ラップ
  • 紙皿、紙コップ
  • 救急用品
  • 常備薬

防災グッズは、災害が発生してからライフラインが復旧するまでの期間に生き延びられるくらいの量を用意しておきましょう。

最低3日分、余裕をもって1〜2週間分の備蓄があると大丈夫かと思います。

ちなみに、レトルト食品やインスタントラーメンなどは、普段から常備しておいて、食べたら買うというローリングストック方式で備蓄しておくのがおすすめです。

また、電気が止まってしまうとご飯が炊けなかったり、電子レンジが使えなくなってしまうため、カセットコンロやガスボンベなどがあると役立ちますよ。

そのほかにも、火を使わずにすぐ食べられるお菓子などもあると安心ですね。

災害に備えて防災用品を用意しておこう

我が家では、テントや寝袋、ランタンなどのキャンプ用品を防災用品としても使えるようにしています。

普段から備蓄していると「何かあったときも大丈夫」という安心感があるので、この習慣は続けていきたいところです。

日本では、地震や豪雨などの災害が毎年のように発生しています。

災害は、いつ起こるかわからないので、日頃から「もしも」のときに備えておくことも大切ですね。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

NANA

タイトルとURLをコピーしました