セブン-イレブンの日の意味や由来とは?記念日が7月11日の理由

スポンサーリンク
スポンサーリンク

セブン-イレブンの日とは?

7月11日は「セブン-イレブンの日」です。

おなじみのコンビニエンスストア、セブン-イレブンの記念日ですよ。

セブン-イレブン・ジャパンが2017年に制定

セブン-イレブンの日は、セブン-イレブン・ジャパンが制定しました。

2017年に一般社団法人日本記念日協会に申請し、認可されました。

7月11日が記念日になった理由は「セブン・イレブン」だから

7月11日がセブン-イレブンの日になった理由は、想像がつくかと思います。

そう、「7(セブン)・11(イレブン)」だからです。

覚えやすくていいですね!

限定商品や還元キャンペーンを提供

セブン-イレブンの日には、様々なキャンペーンが行われます。

過去には以下のような限定商品が販売されました。

  • ポテトチップス 炭火焼牛カルビ弁当味
  • ポテトチップス ツナマヨネーズ味
  • チロルチョコ THEセブンシュー
  • ポテトチップス わさび7倍わさビーフ
  • 7倍でっかいキャラメルコーン
  • イーマのど飴 容器ミラクル11
  • ぷっちょ ミラクル7

また、LINE Pay・PayPay・メルペイの共同で、「最大20%戻ってくる!キャンペーン」を実施したこともあります。

期間限定の催しがあると楽しみになりますね!

セブン-イレブンの歴史について

さて、セブン-イレブンの日にちなんで、セブン-イレブンの歴史も知りたくないですか?

実はかなり歴史のあるお店なんですよ。

1927年にアメリカで誕生した氷小売販売店が前身

セブン-イレブンの前身は、1927年にアメリカで誕生した氷小売販売店です。

当初は氷のみを扱い、週7日・毎日16時間営業をしていましたが、次第にお客さんから「パンや牛乳も扱ってくれるといいのになぁ」という声が寄せられます。

お店を任されていたジョン・ジェファーソン・グリーン氏は、運営会社に相談し、少しずつ商品を増やしていったそうです。

参考:セブン-イレブンの歴史(セブン-イレブン・ジャパン)

「セブン-イレブン」の店名の由来は7〜11時営業だったことから

セブン-イレブンという名前の由来は、1946年当時の営業時間が朝7〜夜11時だったことにあります。

現在は24時間営業ですが、昔は16時間営業だったのです。

1974年に日本一号店がオープン

セブン-イレブンの日本上陸は、1974年です。

東京都江東区に日本一号店がオープンしました。

その頃にはすでに、ほとんどの店舗が24時間営業だったそうです。

令和元年度の売上は5兆円、店舗数は2万店以上

日本上陸から40年以上が経ったいま、セブン-イレブンの売上は5兆円以上、店舗数は2万店を越えています。

前身の氷小売販売店を作った人たちは、きっとびっくりしているでしょうね!

参考:売上高、店舗数推移(セブン-イレブン・ジャパン)

さいごに

7月11日は「セブン-イレブンの日」です。

今やそこら中にあって、何でも買えるセブン-イレブンに感謝しつつ、お得なキャンペーンを楽しむ日になりそうですね!

スポンサーリンク

この記事を書いた人

小林 敏徳

タイトルとURLをコピーしました