サワーの日の意味や由来とは?毎月30日が記念日の理由

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サワーの日とは? 日にちや特徴について

毎月30日は、「サワーの日」です。
これは、宝酒造株式会社が定めた記念日ですよ。

宝酒造は、日本酒や焼酎、梅酒、洋酒などの酒類はもちろん、みりんなどの調味料も製造・販売している会社です。

サワーの日は、そんな宝酒造が甲類焼酎を炭酸で割って飲む「サワー」をPRするために定められました。

サワーの日が毎月30日である理由

そもそも、なぜサワーの日が毎月30日になるのか、理由が気になるところですよね。
これは、サワーの「サを3、ワ(輪)を0」と読む語呂合わせが由来なのだそう。

記念日の日付の決め方はいろいろありますが、「わ」を輪っかに見立てて「0」としたのは、理由を聞くと納得できますね。

ちなみに、毎月の記念日としているのは、「年間を通してサワーを楽しんでもらいたい」という思いがこめられているのだとか。

毎月の記念日だと、販売促進などのイベントも実施しやすく、よりサワーのPRに繋がりそうですね。

サワーはどんなお酒?

サワーは、焼酎やウォッカなどのスピリッツをベースにしたものに、柑橘類などの酸味のある果汁、砂糖など甘みのある成分を加えてつくったカクテルを、炭酸水で割ってつくられた飲み物です。

居酒屋では炭酸水で割ったお酒を「サワー」や「チューハイ」と呼ぶこともありますが、2つに大きな違いはなく、同じ意味でつかわれていますよ。

確かに、「レモンサワー」と「レモンチューハイ」を比べたときに、味に大きな違いは感じられません。

お店によってメニュー名が違うとは思っていましたが、「サワー」と「チューハイ」は同じものという認識でいいのかも知れませんね。

サワーにまつわるそのほかの記念日

今回は「サワーの日」を紹介しましたが、サワーにまつわる記念日は、ほかにもありますよ。

3月8日はレモンサワーの日

3月8日は、レモンサワーの日です。
これは、サントリースピリッツ株式会社が定めた記念日ですよ。

サントリースピリッツは「こだわり酒場のレモンサワー」を販売している会社で、「サワー市場を活性化させたい」という思いがこめられて定められました。

8月3日はハイサワーの日

8月3日は、ハイサワーの日です。

これは、株式会社博水社が定めた記念日で、同社が販売している炭酸水に果汁が入った割り用飲料である「ハイサワー」をPRするために制定されました。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

NANA

タイトルとURLをコピーしました