2020年の父の日はいつ?由来や意味とは?

毎年6月が近づいてくると、父の日がいつなのかが気になりますよね。

このページでは、父の日がいつなのかや、そもそも父の日ができた由来や意味について詳しく紹介していきます。

2020年の父の日はいつ?

毎年6月の第3日曜日が父の日なので、2020年は6月21日が父の日です。

6月は梅雨の時期で夏へ向けての準備をそろそろ始めようと思う時期でもあります。

なので、ポロシャツやTシャツ、甚平やサンダルといった夏の時期に使うものも父の日のプレゼントして人気ですよ。

6月は祝日がないので、父の日を楽しみにしているお父さんもいます。
感謝の気持ちが伝わるように、たくさんあるプレゼントの中からよろこんでもらえそうなものを選んでいきましょう。

父の日は6月15日〜6月21日の間になる

父の日は、6月の第3日曜日になるため、毎年必ず6月15日〜21日のいずれかになります。

2021年は6月20日、2022年は6月19日ですね。

父の日の由来や意味とは?

父の日はアメリカで生まれ、今では世界中に広がっています。
ここでは父の日の由来と意味について紹介していきますね。

アメリカで「父の日」が制定されるまで

1910年、アメリカのワシントン州で父の日は生まれました。

男手一つで6人の子どもを育てた亡き父親を思い、長女であるドット夫人は「父親に感謝する日もあるべきだ」と考えました。そこで教会へお願いし、牧師に礼拝をしてもらったことが起源といわれています。

その後父の日は広まり、1972年にはアメリカで国民の祝日に制定されました。
日本でも1950年(昭和25年)ごろから徐々に父の日は浸透していきましたよ。

ドット夫人が、父親の墓前に白いバラを供えたことから、父の日に贈る花はバラが定番となりました。日本では家族への愛情や尊敬の意味を持つ黄色のバラが特に人気です。

世界の父の日

父の日はアメリカで生まれ、世界中に広がっています。
しかし、国によっては日にちが違うので、ここで確認しておきましょう。

  • 3月19日:イタリア、ポルトガル、スペイン
  • 5月8日:韓国
  • 6月の第3日曜日:日本、アメリカ、カナダ、イギリス、フランスなど
  • 6月の第1日曜日:リトアニア
  • 6月の第2日曜日:オーストリア
  • 8月8日:台湾
  • 8月第2日曜日:ブラジル
  • 9月第1日曜日:オーストラリア、ニュージーランド
  • 12月5日:タイ

台湾では中国語で「パパ」と「88」の発音が同じなので8月8日になったとのこと。
父親に感謝するという気持ちは万国共通でも、日にちや起源がそれぞれなのはおもしろいですね。

スポンサーリンク

さいごに

父の日に向けて、お父さんにプレゼントを考えることもあるかと思います。

父の日の時期がわかっていると、計画的にプレゼントを準備しやすいですよ。

お父さんにとって良い思い出になるように、心をこめてプレゼントを選んでいきましょう!

記念日エピソードを教えてください

タイトルとURLをコピーしました