下駄の日の意味や由来とは?記念日が7月22日の理由も解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク

下駄の日とは?

7月22日は「下駄の日」です。

鼻緒が付いていて、「カラン・カラン」と音を立てる、あの下駄です。

温泉地で人が履いているのを見ると、古き良き日本を感じませんか?

全国木製はきもの業組合連合会が制定

下駄の日は、全国木製はきもの業組合連合会が制定しました。

日本の伝統である下駄の良さを、人々に見直してもらうのが目的です。

(*全国木製はきもの業組合連合会はすでに解散しています。)

7月22日が記念日になった理由は、「下駄の寸法」と「足跡」にあり

下駄の日が7月22日になった理由は、2つあります。

ひとつめは、下駄の寸法には「七寸七分」などの「七」がよく使われること。

ふたつめは、雪道を下駄で歩くと漢字の「二」のような跡が2つ残ることです。

この「七」と「二」「二」を組み合わせて、7月22日になりました。

下駄の歴史について

今となっては見かけることの少ない下駄ですが、下駄の日にあわせて歴史を知りたくないですか?

ここからは、下駄の歴史を簡単に紹介しますね。

弥生時代には下駄の原型があった(田下駄)

下駄の歴史は古く、弥生時代にはすでに下駄の原型があったと言われています。

当時は「田下駄」と呼ばれ、農作業の際に足が滑るのを防ぐものだったそうです。

戦国時代以前は足駄(あしだ)と呼ばれていた

戦国時代以前の下駄は「足駄(あしだ)」と呼ばれ、人々に親しまれていました。

足の下を意味する「足下(あしした)」がなまって、「あしだ」と呼ばれるようになったそうです。

平安時代、室町時代と下駄は少しずつ形を変えていき、江戸時代におしゃれになったことで大流行しました。

参考:生活・生業と履物(岩手県農業研究センター)

草履、草鞋とならぶ伝統的な履物

下駄は、草履(ぞうり)や草鞋(わらじ)とならぶ日本の伝統的な履物です。

今でも1,500円〜20,000円ほどで販売されていますよ。

さいごに

7月22日は「下駄の日」です。

個人的に下駄は「昔のもの」という認識でしたが、観光地に行くと、外国人の方が興味津々で履いていたりして、やっぱり日本の文化なんだなぁと認識を改めました。

7月22日は、守るべき日本文化を認識する日でもありますね!

スポンサーリンク

この記事を書いた人

小林 敏徳

タイトルとURLをコピーしました