弥生は何月?意味や由来・別の呼び名について紹介

スポンサーリンク
弥生は何月?意味や由来・別の呼び名について紹介

「弥生(やよい)」という言葉を聞いたことがありませんか?

和風月名という、昔から日本にある月の呼び名です。

弥生は月名のほかにも、人名や地名・商品名などにも使われています。
歴史で習った「弥生式土器」「弥生時代」なども有名ですよね。

でも弥生は読み方も特殊ですし、なぜ弥生という月名が生まれたのでしょうか。

そこで、このページでは弥生が何月なのかや、弥生の意味や由来、ほかの呼び名などについて紹介します。

スポンサーリンク

弥生とは3月のこと

弥生は、3月の別名です。

カレンダーや手帳でも、3月という月名といっしょに小さく弥生と書いているものも多いです。
カレンダーや手帳を確認してみてください。

なお旧暦での弥生、つまり旧暦3月は、現在の暦(新暦)で以下のとおりです。

月始3月下旬〜4月中旬
月末4月下旬〜5月中旬

ちなみに新暦と旧暦を換算すると、毎年ズレが発生します。
新暦と旧暦では日にちの計算の仕方が異なるからです。

旧暦の日付が知りたいときは、旧暦の日付も書かれた暦やカレンダーを買ってみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク

弥生は「草木が成長し生い茂る」という意味

弥生は、人の名前や地名にも使われることもあってなじみのある言葉ではないでしょうか。

でもよく聞くからこそ、弥生にはどんな意味・由来があるのか気になりますよね。

そこで、ここからは弥生の意味や由来について紹介します。

弥生は、古くは「弥生月(いやおいつき)」と呼ばれていました。
これが変化して「弥生(やよい)」になったのです。

「いや」は「いよいよ」や「ますます」という意味を表します。
また、「おい」は「生い茂る」という意味です。

つまり弥生とは、気候が暖かくなってきて草木などが芽吹き、成長して生い茂っていく季節を表しています。

弥生(3月)の別名一覧

実は、3月には弥生のほかにも呼び名があります。

代表的なものは、以下のとおりです。

  • 建辰月 (けんしんづき):十二月建
  • 桜(さくら):花暦(旧暦)
  • 桃(もも):花暦(新暦)
  • 晩春 (くれのはる、ばんしゅん)
  • 桜月 (さくらづき)
  • 早花咲月 (さはなさきつき)
  • 花見月 (はなみつき)
  • 春惜月 (はるおしみつき)
  • 夢見月 (ゆめみづき)
  • 雛月 (ひいなづき)
  • 季春 (きしゅん)
  • 桃月 (とうげつ)
  • 花月 (かげつ)
  • 蚕月 (さんげつ)
  • 宿月 (しゅくげつ)

ちなみに、ほかにも3月の別名はあります。

スポンサーリンク

さいごに

弥生は、和風月名の中でも身近な名前だと思います。

人の名前や地名でも見かけます。
なんといっても、歴史の授業で習う弥生式土器や弥生時代の印象も強いですよね。

そんな弥生ですが、暖かい時期になって植物が成長していくという春らしい意味があるとは、私は知りませんでした。

そんな意味を知っていれば「3月」というより「弥生」といったほうが、生命力にあふれたポジティブな気持ちになりませんか。

状況によっては、弥生の月名を使ってみてはいかがでしょう。

オマケ:和風月名や暦に関するほかの記事

記念日のしおりでは、和風月名や暦に関する記事をいろいろ紹介しています。
ぜひ、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

アサノ・ヨウスケ

タイトルとURLをコピーしました