国産なす消費拡大の日の由来や意味とは?毎月17日が記念日になった理由を解説

スポンサーリンク
国産なす消費拡大の日の由来や意味とは?毎月17日が記念日になった理由を解説
スポンサーリンク

国産なす消費拡大の日とは?

毎月17日は、国産なす消費拡大の日です。

国産なす消費拡大の日は、冬春なす主産県協議会が「茄子の消費を増やすこと」を目的に制定した記念日になります。

国産なす消費拡大の日は、みんなにもっと茄子を知ってもらいたい!もっと食べてもらいたい!という思いが込められているんですね。

冬春なす主産県協議会とは?

冬春なす主産県協議会は、冬春なすの主産県6県の組合で構成されています。

冬春なすの主産県6県は、こちらです。

  • 佐賀県
  • 徳島県
  • 福岡県
  • 高知県
  • 熊本県
  • 岡山県

四国・九州の県で構成されているんですね。

冬春なすは、ハウスで栽培されるため、出荷できる期間が長く収穫量が多いそうです。

ちなみに、農林水産省(平成24年)の統計によると、茄子の収穫量が多い都道府県の一位は高知県、二位は熊本県なんですよ。

参考:農林水産省「なすの生産量上位について」

毎月17日が記念日になった理由

国産なす消費拡大の日の日付は、17=なすの語呂合わせです。

実は、冬春なす主産県協議会では、国産なす消費拡大の日を制定する前に「なすび記念日」を制定しています。

なすび記念日は、4月17日です。
由来はこちら。

  • 4月17日=よいなすの語呂合わせ
  • 冬春なすは4月が最盛期であること
  • 毎年4月に茄子が将軍家(徳川家康)に献上されていたこと
  • 茄子好きの徳川家康の命日が4月17日であること

参考:JA全農業おかやま

つまり、国産なす消費拡大の日の日付は、シンプルに17=なすの語呂合わせなんですね。

茄子にまつわる記念日

日本記念日協会のよると、茄子にまつわる記念日は、国産なす消費拡大の日、なすび記念日に加えて、水なすの日があります。

水なすの日は、5月20日です。

水なすの日は、大阪府漬物事業協同組合が「水なすのおいしさをもっと広く知ってもらいたい」という思いを込めて制定されました。

みずみずしく柔らかい果肉が特徴の水なすは「水なす漬」にすると、とても美味しいそうですよ。

記念日にちなんで、食べてみるのもいいですね。

おまけ:茄子消費が多い都市は?

日本全国で、茄子が最も消費されている地域はどこだと思いますか。

総務省統計局(平成27~29年)の統計によると、茄子への支出金額が最も多かったのは「京都市」でした。

京都には京野菜のひとつ、賀茂なすがありますね。

美味しい茄子を、より美味しく食べられる食文化が根付いているのかもしれません。

ちなみに、茄子への支出金額が最も少なかったのは「那覇市」でした。

「茄子をもっと食べて欲しい!」という思いが込められた、国産なす消費拡大の日に、茄子を使った料理を食べてみるのもいいですね。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

脇田知子

タイトルとURLをコピーしました