みどりの日の意味や由来とは?5月4日になった理由・日にちが変更になった経緯も紹介

スポンサーリンク
みどりの日の意味や由来とは?5月4日になった理由・日にちが変更になった経緯も紹介
スポンサーリンク

みどりの日とは?

毎年5月4日は「みどりの日」です。

みどりの日は「国民の祝日」のひとつで「国民の祝日に関する法律(通称:祝日法)」によって制定されています。

「自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ」ことが、みどりの日の趣旨です。

みどりの日の制定理由と5月4日になった経緯

みどりの日は、平成元年(1989年)に制定された祝日です。

みどりの日が5月4日になった理由ですが、少し長い経緯となります。

順に紹介していきますね。

昭和天皇の誕生日が、昭和天皇にちなんで「みどりの日」に

昭和時代、4月29日が「天皇誕生日」として祝日となっていました。

しかし昭和64年(1989年)1月7日に昭和天皇が崩御(ほうぎょ)され、翌1月8日に新しい天皇(現在の上皇陛下)が即位します。

同日に改元されて「平成」が始まりました。

そのため、新しい天皇誕生日は12月23日となったのです。

でも長い昭和時代に祝日として定着していた4月29日を、いきなり平日とするのは国民への影響が大きいといわれました。

「ゴールデンウィーク」の一部であることも理由のひとつです。

そこで、昭和天皇の誕生日を新たな祝日とすることが決定します。

昭和天皇は植物に大変詳しく、自然を愛し、研究を続けていました。
そんな昭和天皇にちなんで「みどりの日」という名前に決定したのです。

みどりの日は、平成に改元された年、つまり1989年(平成元年)の4月29日から制定されました。

昭和の日制定のため、みどりの日が5月4日に変更

2005年(平成17年)に祝日法が改正され、4月29日を「昭和の日」に変更することが決定しました。

あわせて、みどりの日は5月4日に変更することになったのです。

昭和の日とは「激動の日々を経て復興を遂げた昭和の時代をかえりみ、国の将来に思いをいたす」ことを趣旨にして制定されました。

だから昭和の日は、昭和天皇の誕生日である4月29日になったのです。

翌2006年(平成18年)より、4月29日が昭和の日、5月4日がみどりの日となりました。

5月4日はもともと平日だったが「国民の休日」を経てみどりの日に

2006年から5月4日がみどりの日となりました。

では、もともと5月4日は何の日だったのでしょうか?

実は1985年(昭和60年)までは、5月4日は平日だったのです。

しかし、国民から飛石ではなく連休が欲しいという声が多くありました。

そこで1985年に「祝日法」が改正され、祝日と祝日にはさまれた平日は「国民の休日」という休日にすることが決定したのです。

そして翌1986年(昭和61年)から、5月3日の「憲法記念日」、5月5日の「こどもの日」にはさまれた5月4日は国民の休日として休みになりました。

その後さきほど紹介したように、2006年から5月4日は「みどりの日」に変更となっています。

ちなみに国民の休日は「祝日法」で定められていますが「祝日」ではなく「休日」です。

みどりの日に関連する行事など

みどりの日には、各地で海に関する行事がおこなわれます。

代表的な行事は、以下のとおりです。

  • みどりの感謝祭
  • さまざまな庭園・動植物園などの無料開放
  • みどりの月間(4月15日から5月14日)

ほかにもたくさんの行事があります。

みどりの日は「ゴールデンウィーク」の後半

ゴールデンウィークは、4月下旬から5月上旬にかけての祝日や休日の多い期間のことです。

みどりの日は、ゴールデンウィークの後半にあたります。

5月3日は「憲法記念日」、5日は「こどもの日」として祝日ですね。
そのため、少なくとも5月3・4・5日は3連休確定です。

土・日曜と連続したり、祝日が日曜日に重なって月曜日が振替休日になったりすると、さらに連休が増えます。

ゴールデンウィークについての詳細は、以下の記事を見てください。

オマケ:みどりの日に関連する記事

スポンサーリンク

この記事を書いた人

アサノ・ヨウスケ

タイトルとURLをコピーしました