七味の日の意味や由来とは?記念日が7月3日の理由や七味唐辛子について解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク

七味の日とは?

7月3日は「七味の日」です。

七味とは、七味唐辛子のこと。
食卓でよく見かける、赤い容器に入ったアレですね。

七味の日は七味唐辛子のPRのために制定され、一般社団法人・日本記念日協会に認定されました。

7月3日になった理由は7(ひち)3(み)の語呂合わせ

七味の日が7月3日になった理由は、もう想像がついているかもしれませんが、「7(ひち)」と「3(み)」だからです。

たとえば29日が「肉(にく)の日」と言われるように、語呂合わせがされていると覚えやすくていいですね。

株式会社向井珍味堂が2010年に制定

ちなみに七味の日を制定したのは、大阪府にある株式会社向井珍味堂です。

向井珍味堂は、きな粉や香辛料を製造している会社で、主力商品が七味唐辛子になります。

七味唐辛子に関心を持ってもらうため、七味の日を作りました。

七味唐辛子ってなに?

七味唐辛子は、日本の食卓ではよく使われる香辛料です。

うどんやそばにサッとかければ、独特の香りと程よい辛さがプラスされ、美味しさが増しますよね。

自宅に常備していたり、飲食店で見かけたりもするかと思います。

原材料は胡麻、唐辛子、山椒など

七味唐辛子になじみはあっても、原材料を気にしたことはないのでは?

株式会社向井珍味堂の「手作り七味 関西風」を参考に、七味唐辛子の原材料をまとめてみました。

  • 胡麻
  • 唐辛子
  • 山椒
  • チンピ
  • すじ青のり
  • おの実
  • けしの実

七味唐辛子の原材料は、地域やお店によって異なります。

紫蘇や生姜を使った風味の強いものもあり、違いが楽しめるのも面白いところです。

うどん、そば、丼ものなどに使える

七味唐辛子は、うどんやそば、丼ものなどによく使われます。

味噌汁や炒め物にサッとふりかけても美味しいですよ。

さいごに

7月3日は七味の日です。

語呂合わせになっていて、覚えやすいのがいいですね!

夏が始まるこの時期に、辛いものを食べて汗をかいてスッキリしてみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

小林 敏徳

タイトルとURLをコピーしました