御用始め・仕事始めの意味や由来とは?御用始めが1月4日なった理由も解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク

御用始め・仕事始めとは?

1月4日は「御用始め・仕事始め」です。

このページでは、一年のスタートを意味する記念日を紹介しますね。

一年で最初の勤務日を意味する日

御用始め・仕事始めは、一年で最初の勤務日を意味します。

「仕事始め」はよく聞きますが、「御用始め」ってなんだかわかりますか?

「御用始め」は官公庁で使われる言葉

実は「御用始め」は、官公庁に対して使われる言葉なんです。

官公庁とは、国や地方公共団体の役所のこと。

中央省庁や裁判所、国会や日本銀行なども含まれます。

江戸時代は役人の仕事を「御用」と呼び、その風習が現在まで続いています。

民間企業では「仕事始め」というのが一般的

民間企業では「仕事始め」というのが一般的です。

年末になると「御社の仕事始めはいつですか?」なんて会話がよくありますよね。

御用始めが1月4日なった理由は、法律で決まっているから

ではなぜ御用始めが1月4日なのかというと、法律で決まっているからです。

「行政機関の休日に関する法律」に、「12月29日〜1月3日は、行政機関の執務は原則として行わないものとする」と記載されています。

参考:行政機関の休日に関する法律(法令検索)

民間企業もこれにならい、1月4日前後を仕事始めにしています。

さいごに

年が明け、新たな気持ちで出社する日。

それが「御用始め・仕事始め」です。

今年一年、楽しく仕事をしましょうね!

スポンサーリンク

この記事を書いた人

小林 敏徳

タイトルとURLをコピーしました