御用納め・仕事納めの意味や由来とは?「御用納め」と「仕事納め」の違いも解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク

御用納め・仕事納めとは?

12月28日は、御用納め・仕事納めです。

年内の仕事を終え、年末年始休暇に入る日ですよ。

年内の最終勤務日を意味する日

御用納め・仕事納めは、年内の最終勤務日を意味する日です。

民間企業では、仕事納めの日に一年分の仕事を片付け、取引先に挨拶するのが通例です。

オフィスの大掃除をした後、ちょっと早めに切り上げて忘年会に繰り出す企業もあります。

「御用納め」は官公庁で使われる言葉

ところで「御用納め」とは何だと思いますか?

実は官公庁で使われる、仕事納めを意味する言葉なんです。

官公庁とは、いわゆる国や地方自治体の役所のこと。国会や中央省庁、裁判所や日本銀行なども含まれます。

御用納めと呼ばれるようになった理由は、江戸時代までさかのぼります。

当時は幕府や宮中の役人の仕事を「御用」と呼んでいたため、「御用納め」と言われるようになりました。

民間企業では「仕事納め」という

民間企業では、「仕事納め」と言われるのが一般的です。

年末年始休暇について

最後に年末年始休暇について、少しだけ解説しますね。

民間企業における年末年始休暇は、あくまでも企業が独自で決めるものですが、官公庁の休暇は法令で定められています。

「行政機関の休日に関する法律」に、「12月29日〜1月3日は、行政機関の執務は原則として行わないものとする」と記載されています。

参考:行政機関の休日に関する法律(法令検索)

民間企業の年末年始休暇もおおよそ12月29日〜1月3日なのは、この法令にならったところが大きいようです。

さいごに

年内最後の出勤日は、どこか忙しなく、それでいてウキウキするものです。

今年一年を振り返り、次の年に備えてくださいね!

スポンサーリンク

この記事を書いた人

小林 敏徳

タイトルとURLをコピーしました