減塩の日はいつ?意味や由来について紹介

スポンサーリンク
減塩の日はいつ?意味や由来について紹介
スポンサーリンク

減塩の日とは? 日にちや特徴について

毎月17日は、「減塩の日」です。

これは、特定非営利活動法人の日本高血圧学会によって定められた記念日ですよ。

減塩は、高血圧の予防や治療において大切になります。
そんな減塩を、より多くの人に実践してもらいたいという思いが込められて制定されました。

減塩の日が毎月17日である理由

そもそも、なぜ減塩の日が毎月17日になるのか、理由が気になるところですよね。

これは、世界高血圧連盟が制定した「世界高血圧デー」(World Hypertension Day)と、日本高血圧学会が制定した「高血圧の日」が5月17日ということが発端です。

5月17日ではなく、毎月17日と定められたのは、一年を通じて減塩を進めることを目指していることからだそうですよ。

のべおか減塩の日もあります

実は、毎月17日の「減塩の日」以外にも、毎月6日には「のべおか減塩の日」という記念日もあります。

これは、減塩を促進するために、延岡市と延岡市健康長寿推進市民会議が定めた記念日です。

「1日の塩分摂取量6g未満」という目標を掲げていることから、毎月6日に定められたのでしょうか。

減塩の日にちなんで市内店舗では、減塩食品の販促イベントや減塩にまつわる講演会なども行われています。

参考:延岡市の「のべおか減塩の日」についての紹介ページはこちら

減塩生活で健康を意識しよう

塩分の摂取量が多くて高血圧になると、動脈硬化や心筋梗塞などの病気を引き起こすこともあります。

厚生労働省の調査によれば、成人の1日あたりの塩分平均摂取量は男性が11.0g、女性は9.3gです(2020年現在)。

世界保健機関(WHO)は、世界中の人の食塩摂取目標を1日5gと掲げているので、日本人はそれと比べると塩分を摂りすぎていることがわかりますね。

今後は、私も健康のためにも減塩を心かげた食生活を意識してみようと思います!

スポンサーリンク

この記事を書いた人

NANA

タイトルとURLをコピーしました