世界のウチナーンチュの日の意味や由来とは?10月30日が記念日になった理由、宣言された大会についても紹介

スポンサーリンク
世界のウチナーンチュの日の意味や由来とは?10月30日が記念日になった理由、宣言された大会についても紹介
スポンサーリンク

世界のウチナーンチュの日とは?

毎年10月30日は、世界のウチナーンチュの日です。

この日は、沖縄県が制定した記念日で、世界にいるウチナーンチュを知ってもらいたい!という思いが込められています。

ウチナーンチュとは、沖縄の言葉で「沖縄人」「沖縄の人」を指す言葉です。

沖縄では、「ウチナー」とも呼ばれているそうですよ。

10月30日が記念日になった理由

世界のウチナーンチュの日の記念日は、なぜ10月30日になったのでしょうか。

日付は、第6回世界のウチナーンチュ大会が開催された日に由来します。

2016年10月30日に開催された「第6回世界のウチナーンチュ大会」において、当時の沖縄県知事・翁長雄志(おながたけし)氏が、世界のウチナーンチュの日を記念日に制定することを宣言しました。

このことから、世界のウチナーンチュの日の日付は10月30日になりましたよ。

世界のウチナーンチュの大会とは?

世界のウチナーンチュの日が宣言された、世界のウチナーンチュ大会とはどのようなものでしょうか。

世界のウチナーンチュ大会は、5年に一度、沖縄県で開催されています。

ウチナーンチュ大会には、ウチナーンチュ(=沖縄県人)が国内外問わず多く参加するのに加え、「沖縄が大好き!」という人も広く参加していますよ。

戦前、戦後における沖縄の経済を救済したウチナーンチュは、世界に約42万人いるといわれているそうです。

記念日を通して、ウチナーンチュが広くつながるといいですよね。

スポンサーリンク

ウチナーンチュとつながろう

世界のウチナーンチュ日にあたる10月30日には、例年トークイベントが開催されています。

また2020年には「世界のウチナーンチュの日 オンライントークイベント」と題し、オンラインによるトークライブ、ビデオメッセージによるプログラムなども用意され、ウチナーンチュのつながりが続いています。

沖縄県からウチナーンチュが世界へ渡った1900年が、沖縄移民の歴史の始まりです。

沖縄県では、世界のウチナーンチュネットワーク公式サイトを設け、100年以上前から世界に渡ったウチナーンチュをつなぐためのバックアップをしています。

ウチナーンチュはもちろん、沖縄が大好きな方も、世界のウチナーンチュ大会に参加してみるといいかもしれません。

参考:世界のウチナーネットワーク 公式Facebook

スポンサーリンク

この記事を書いた人

脇田知子

タイトルとURLをコピーしました